RECRUIT
2022

ENTRY

INTERVIEW 08

事業サポート部 小西 優也

2014年⼊社

先を読んだ行動で、
多くの人の健康に役に立ちたい

兵庫ヤクルトを選んだ理由は?

地域に貢献できる仕事がしたいと就職活動をしてきました。その中で小さな頃に飲んでいたヤクルトも地域の方を健康にできる仕事だと思い説明会に参加しました。そこで「健康お役立ちおもてなし企業」という言葉と企業理念に共感しました。先輩社員との同行活動でも地域の方のお役に立ちたいという想いを持って仕事に取り組んでいる姿を見てここで働きたいと思いました。入社してからも変わらず地域の方に笑顔と健康をお届けする仕事に誇りを持って地域のお役に立てるように、様々な業務に取り組んでいます。

現在の業務について・仕事のやりがいや魅力は?

これまで宅配事業部・事業サポート部として様々な業務に取り組んできました。お客さまとお会いしてヤクルトの価値をお伝えし飲用していただけたこと、また電話口でお客さまの不安にお応えできた時は嬉しかったです。お客さまがどんなことに対して不安や悩みを抱いているか感じ取ることは難しいです。しかしそれを解決するために手紙を書いたりこまめにコミュニケーションをとることで解決ができ、ヤクルトを続けて飲用していただけるようになったことは嬉しかったです。

仕事を通して成長を感じたことは?

社会人として先を読んで行動できるようになりました。入社間もないころは先輩・上司に言われてから取りかかることが多かったです。しかし現在はお客さまや共に働く社員がどんなことを求めているのかを意識して行動に移すようにしています。与えられた業務だけを取り組むのではなく、その先にどんなゴールが待っているのかを想像し、行動に移しています。今、自分ができることが一つでも多くできるように日々勉強を重ねて多くの人の役に立てるように努めています。

人と人との繋がりを感じたことは?

社内での人と人との繋がりを感じています。他部署であっても日ごろから声をかけていただいています。新しい提案をする際にも、こちらから声をかけていないのに積極的に手伝ってくれました。この分野はあの人が詳しいからと多くの人へ声をかけていただき提案を出すこともできました。役職や部署に隔たりもなく1つの目標に向かって取り組む力はすごいと感じました。だからこそ自分も後輩社員や同僚にも同じように声をかけて様々な業務に取り組んでいきたいと思います。

INTERVIEW一覧へ戻る